車の売却額は急激にダウンするものでは無い

車の売却額は急激にダウンするものでは無い

車の売却額は急激にダウンするものでは無い

車の買取業者は、よくホームページで急いだ方が良いとアピールしています。さらに、それに対する根拠も明示していますね。

 

根拠は色々あります。モデルチェンジなどはその1つですし、ライバル他社から新しい車が販売された時なども金額が変わる事が多いようですね。そのような事例があり得るので、なるべく早く売った方が良いとアピールしている事がある訳です。

 

また車買取の情報サイトなどでも、金額ダウンに関して言及されている事が多々あります。それもかなり速やかに、金額ダウンが発生すると明示されている事があるのです。一日で1割程度金額が下がってしまったという事例が、紹介されていた事もありました。

 

しかし、本当にそれ位早く下がるのでしょうか。正直、車の金額はそれほど急速には下がらないと個人的には思います。
というのも以前に私が見たある業者の場合、査定を行ってから車の引き取りまでの日数がかなり長めに設定されていたのです。例えば車の査定日が、3月13日だったとしましょう。そして車の引き取り日が、4月20日などの具合です。実に1ヶ月以上経過したタイミングで、車を引き取っている訳ですね。

 

そのような業者がある以上、やはり車の金額はそれほど大きく下がるものでは無いと思います。1ヶ月後に車を引き取っているのであれば、やはりそう急速に金額が下がるものでは無いでしょう。

 

ですので恐らく各業者の「早く売った方が良い」というアピールは、販促が目的だと思います。もしくは営業ノルマの問題もあるかもしれませんね。営業職であれば、1ヶ月あたりの目標数字などが設定されている事もあるからです。

 

どちらにしても車の金額は、そうそう急激に下がるものではありません。車の買取業者は速やかに売った方が良いとアピールしている事が多いですが、それにとらわれず売り急が無いようにするのも大事だと思います。あまり焦ってしまうと、低い金額で売却する事になるかもしれません。マイペースかつ冷静に構えて、良い値段を提示してくれる所に売るのがベストではないでしょうか。
コペン 査定


ホーム RSS購読 サイトマップ